温泉や水泳で 短小 包茎をバレずにやり過ごす方法【恥ずかしい】

28歳、元真性包茎のカズキです。

温泉…修学旅行…水泳…合宿…、大好きだけど短小や包茎の人にとっては緊張の瞬間…!!

最近ようやく包茎を克服出来たおかげで、自分の男性器に少し自信が持てるようになったのですか、高校時代の修学旅行や体育のプールの授業での着替えなど、恥ずかしい思いやヒヤヒヤする思いを沢山してきました。

その中で習得した「出来るだけ他人に短小や包茎がバレない方法」を共有したいと思います。

短小や包茎がバレない方法 5選

1.必死にタオルで隠さない

短小や包茎など自分の息子に自信がない人は総じて、タオルでずっと隠しています。

正直言ってあれは逆効果です。

そもそも男は他人のブツに興味ありません(もちろん例外はいらっしゃるかと思いますが)。

常に片手はタオルを握りしめて押さえたりしてると、逆に注意を引いてしまい目線が下に落ちてしまいます。

2.正対しない(正面を見せない)

人と面と向かって対峙しないのは大事です。細部まで見られる面積は出来るだけ減らしましょう。

具体的に例を挙げると、脱衣所やロッカーなど着替える機会があれば一番端を取るということです。

他の視線を一方向のみに絞りそれに背を向けてしまえば見られる心配はありません。 視線を感じたら【足元の何かを拾う動作】をするなどその場しのぎでも視線を遮る方法はあります。

3.時間をずらす

当たり前ですが、敵の数のを減らすのは大事です。見る人がいなければ見られることもありません。服をを脱ぐ機会があるなら

最速or最後

に着替えましょう。

一番最初を目指し、もし出遅れたらトイレなどで時間を調節しましょう。

4.無理に剥かない

これも包茎のありがちな間違いなんですけど、普段包茎の人が剥くと亀頭の赤みで目立ってしまいます。無理に剥くのも逆効果です。

日本人成人男性の70パーセントが仮性包茎と言われております。むしろ皮をかぶった状態が正常です。真性包茎やカントン包茎など病気はともかく、仮性包茎の方はそこまで気にすることはないでしょう。10人いたら7人は仲間です。

5.奥の手: 大きく見せる

どうしてもという方に向けて奥の手を紹介します。

これはバナナマンの日村がおすすめしていた、温泉での見栄の張り方ですが

人前に出るときは30%勃起させる

という方法です。

バカバカしいですが、脱衣所やロッカーで勃たせておいて、勃ちすぎたら落ち着かせて。萎えたらシャワーしながらでも刺激を与えてもう一度30%になるまで待つ。

ギンギンの状態だとただのヤバイ奴なので、くれぐれも30%の状態でキープしましょう。

包茎は自宅でひとりで治そう

包茎は自力で治ります。

高いお金をかけて手術が必要な訳ではありません。

僕は28歳ですが、自力で包茎を直すことに成功しました。その経過報告を写真付きでしているので、気になる方はチェックしてください。

参考【画像】自力で真性包茎を治した方法と経過報告【体験談】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です